FXを始める前にリスクの様々な理解を

FXのトレードには、「リスクの理解」も必要です。 次のような見落としがちなリスクがFXのトレードを行っていると発生しますので、注意しましょう。

1.スリップページのトラブル

スリップページと言うのは、「約定の失敗」を主に言いますので、FXのトレードにおいては忘れずに注意をしたいところですね。
また、スリップページが良くわからないと言う場合には、「約定率が高い」とされているFXの業者でトレードをするようにしましょう。
そうするだけでも、今では「99.7%以上の約定率」を誇っている業者が多いので、トラブルに巻き込まれることなくFXのトレードができるかと思います。
このトラブルに巻き込まれてしまうと、予想していたスタート金額での取引ができなくなり、決済においてはずれ込みの発生となりますので「損失が出やすい」と言うトラブルなのです!

2.通貨案内のトラブル

通貨案内を仕切りにしてくるFX業者と言うのは存在します。
ですが、安易にそちらを信用してFXのトレードをしないようにしましょう。
と言うのも、業者によっては「金利差で儲かる」のように言ってきますが、3の金利変動のトラブルのように想定外の問題になってしまった場合においても、再度のアナウンスをしてくれると言うわけではないからです。
このトラブルに遭遇した場合、下手をするとFXのトレードで使っている証拠金が全て無くなると言うトラブルもありますし、業者側は何の責任もとってくれません・・・。
FXを始める前にFX初心者向け情報サイトを参考に、リスクの把握をしましょう。

3.金利変動のトラブル

金利変動については、「情勢不安」などでおきてしまうものなので、リスクの理解のためにも新聞などで外国の経済や情勢については確認をしておきましょう。
新聞をとっていないという場合には、FX業者のホームページにある「トピックスを確認」して社会情勢を知るようにした方が良いです。
トピックスには相場の予測などについても掲載がされています。

Twitterを利用して、「ブログで副収入を得る」と言うのは難しくありません。
最近では、FXトレーダーもTwitterを使って情報の拡散をしているような時代なのですが、これは先ほどのブログで副収入を得るために行っている事です。
まずは、Twitterサイトでの登録を行いログインまで進めましょう。
そして、次に自分が使っているブログの情報をちょっとだけツイートするのです。
何度もツイートしていると、リツイートとされる他のユーザーの情報拡散が行われるかと思います。
また、このユーザーは「有益な情報」として拡散をしてくれているありがたいユーザーなので、「フォローを入れる」ようにもしておきましょう。
フォローの仕方については、Twitterの「使い方のページ」に記載がされていますので、そちらを参考にしてブログで副収入を得るためのTwitter活動を続けて下さい。
運がよければ、次の日から反映される事もあります。

最近ではニュースなどで「あるあるネタ」と言うものが紹介されるようになっていますね。
そこで、FXのあるあるなのですが、そのあるあるネタは「初心者のFXトレード」と言うものです。
例えば、次のようなものがそうでしょう。
・複数の通貨ペアに挑む
複数の通貨ペアを扱っていると、「プロのトレーダーのような気分が味わえる」ので、初心者のFXトレードでは意外と多い失敗のあるあるだったりします。
また、このようなトレードをやっている内は、まず初心者のFXトレードから進展はありません。
トレードと言うのは平行なようで、急に相場が変動するので3・4種類の通貨ペアに留めておくべきでしょう。
・業者を調べずに申し込みをする
FX業者は意外と宣伝が上手です。
しかし、これも初心者のFXトレードのあるある。
と言うのも、申し込んでからかなり高い入金を見込めないと、キャンペーンの適用にならないものもあれば、取引単位が異様に高いコースもあるからです。
申し込んでもトレードができないあるあると言うものですね。

日本でFX口座の開設をする場合ですが、「海外FXよりも楽」と言う考え方がありますよね。
ですが、海外FXと日本のFX口座の開設は殆ど一緒です。
違う点は次のような部分。
1.個人情報の記入
個人情報においては、「パスポートなどの証明書情報」が海外FXでは必要です。
また、海外FXにおいては「日本語に翻訳」されている状態か、ローマ字で構成されている記入フォームを使うようになっていますので、この2つに対応がきくのであれば問題ないでしょう。
また、ローマ字のページについては、Googleなどの「このページを翻訳する」機能でカタコトの日本語ページにして使うのも便利でした。
基本的には「Name」のように読みやすい英語しかないので、記入は困難でもありません。
2.カード番号の記入
海外FXでは、口座ではなくクレジットカードのみで利用が可能となっています。
当然ですが、口座開設については不要となっていますし、クレジットカードの方が個人情報の保護は信用がおけます。

今では株価でもFXでも、チャートと言うとローソク足が使われるようになっています。
チャートの正式名称は、そのままですが「ローソク足チャート」。
このローソク足チャートには基本的に縦に線が伸びているのですが、これを「ヒゲ」と言います。
また、ヒゲの長さによってはローソク足の見方が変わってくるのですが、主に下のように分類される事が多いですね。

1.ヒゲのない陽線
FXのトレードでは少ないです。
FXのトレードでは相場が良く変動しているので、そこまでヒゲの少ないローソク足はないでしょう。
また、ヒゲがない陽線とされていますが「陽の丸坊主」と呼ばれているので、ローソク足の解説ではこの名称が使われているかと思います。
また、相場がきれいに変動していますので「上昇基調が強い」ので、このローソク足の場合には「買い」なのだと思って、FXのトレードで買いポジションを取ってみると大きな儲けになるケースが多いです。

2.ヒゲのない陰線
ヒゲがない陰線は「陰の丸坊主」と言います。
下降基調が強いのでヒゲのない陽線とは逆で、相場自体が冷え込んでくると発生しやすいですね。
「売り」のサインとなっていますので、そろそろ決済をしようかと考えている場合には、この陰線を頼ってみるのもありです。
その前に終わらせておくのが理想ですが、きれいに相場が読めないとさすがにそれは難しいでしょう(笑)

3.長い下ヒゲのあるローソク足
長い下ヒゲを持っている場合のローソク足で「カラカサ、たぐり線」などの呼ばれ方があります。
始値よりも安い値段で終わっている為に、どこかで買い戻されて値段が戻ったのを意味しています。
相場の動きが激しいために上昇トレンドの可能性がありますので、「買い」のサインとされているローソク足です。

4.長い上ヒゲのあるローソク足
長い上ヒゲを持つローソク足は「トンカチ」と言います。
大きな反発により結局売られていますので、面白い状態でないのがわかりますし「売り」のサインとしてよく扱われます。

まだ、ネットバンクを持っていない人は、長く外国為替証拠金取引(FX)をするのであれば、ネットバンク(もしくはネットバンキングサービス)を利用するようにしておきましょう。

基本的にネットでしか使われていないような楽天銀行などのサービスであれば、ネットバンキングをわざわざ申し込む必要が無かったりします。

ゆうちょ銀行の場合には必要だったりと、地方銀行などでは改めてサービス申請をする必要があったりするでしょう。

そして、ネットバンクの利点なのですが、「入金と反映」の関係を知ると良くわかります。

ネットバンクでは振込みを朝・夕に関係なく、「行った時点で対応の受付開始」です。

なので、相手側のネットバンク(バンキングシステム)が対応をしたのであれば、その時点で入金完了なのです。

ですが、一般のATMからの入金では、「振込受付時間」に誤差がありますので、その時間を越えての振込については入金が翌朝となるでしょう。

その為、リアルタイムで行うデイトレードなどの場合には、ネットバンキングの利用が必要とされており、どこの外国為替証拠金取引(FX)業者でも、まずは開設をしてから会員登録をして下さいとしているのです。

今では老舗として有名な業者です。

外国為替証拠金取引(FX)の情報集めにおいては、PC・携帯で閲覧可能となっているニュース速報がいいでしょう。

そもそも今ではデイトレードなどがありますので、携帯に対応している業者は多いのですが、昔から対応しているのはこの業者くらいでしたね。

そして、外為ドットコムでのトレードに関する情報なのですが、有名なものでは経済指標などのマークがあります。

外為と言うのは、何もありたきたりの相場情報だけで動いているわけではありませんので、例えば「要人発言予定と要旨」などについて知っておくだけでも随分と違うものです。

さすがに取引をしようと思っている国が不安な国であれば、お金そのものも弱くなるはずですからね。

それだけで買い控えると言う安全策が取れますので、難しい話のように感じるかもしれませんが、外国為替証拠金取引(FX)初心者であっても有用な情報なのです。

また、経済指標・東京外為市況・欧州外為市況・NY外為市況などの発表についても外為ドットコムでは行っています。

相場動向を掴むのに欠かせないニュースが多いので、最初は戸惑う事も多いでしょう。

ですが、情報量については間違いなく多いFX業者なのが外為ドットコムです。

外国為替証拠金取引(FX)で業者側がやってはいけない行為と言うのは、「法律で決まっている」ので次のような事をやってはいけないようになっています。

法律については、2005年7月に制定。

そして、その法律とは「金融商品の販売等に関する法律」に関してなのですが、対象商品となったのがFXなのです。

まず、法律の制定により業者が行っていた、「電話・訪問勧誘についても禁止」となりましたので、もし、訪問をしてくるような業者がいた場合には応対をしない方がいいでしょう。

外国為替証拠金取引(FX)では悪徳な業者も多く存在している時代があったので、今では登録制についても導入されていますので、聞いたことも無い業者が減ったのはその為です。

自己資本比率規制もありますので、当然ですが多額の投資による投資行為についても規制対象となっています。

その為、現在のFXなどにおいては高金利などの商品は減らし、低金利ではあるが安定した手数料で、外国為替証拠金取引(FX)を行えるようにしているのです。

これが外国為替証拠金取引(FX)では重要となっているので、高金利であったり保証などをしてくるような業者については利用をしない方が良いでしょう。

デイトレードにおいて、「トレードスタイル」は必ず大事になってくる場面があります。

特にデイトレード初心者の場合は、FX=儲かる・・・の図式となっているので重要でしょう。

例えば、デイトレードのスタイルでは「初心者専用のスタイル」があるのですが、次のような設定をあらかじめ定めておくのが重要とされています。

・デイトレードでは、利益についてを決めておくようにする
・もし、損失が発生した際には許容額を低めで設定しておく
・デイトレードには取引の流れがあるので、順張りにするか逆張りかはハッキリしておく。
多くの人は順張りとしているので、余り細かく定めないのであれば順張り
・基本的な投資スタイルについて良くわからない場合には、他のトレーダーのものを真似る
・テクニカル指標を使うかどうかについても、実際にシミュレーションをしてから決める。

これがデイトレードのトレードスタイルです。

「作るときは要素は多目が良い」とされていますが、初心者の場合にはデイトレードに慣れるのに時間がかかるので、「取引の決済タイミング」と「取引手段(順張り/逆張り)」のみで、デイトレードのトレードスタイルをかためても問題ありません。

これだけでも、デイトレードの勝敗は違ってきます。

デイトレードにおいて、「精神状態」と言うのは大事です。

最近では、デイトレードなどにはまってしまい、中々、デイトレードをやめるタイミングを見失っている人がいたりしますが、長時間のデイトレードで得られるものは少ないです。

例えば、プロトレーダーなどを目指しているので、チャートなどで張り込んでいる人がいたりしますが、そのような作業を殆どプロはしていません。

最初から情報収集を終えていて、その中で特に好材料のものを見つけてデイトレードを行っているのです。

なので、チャートの見すぎで「勘に頼る」ようになったら、デイトレードは難しいでしょう。

余り勘であったりは、プロだけでなく勝てているトレーダーは使わないものです。

デイトレードなどで儲けが見込めなくなってくると、大逆転などをしようとそのような行為に走ってしまったりしますし、睡眠などをしっかりとっていないと、どうしても判断が鈍くなってしまったりします。

しかも、「長時間迷ったのだから・・・」と言うことで、判断できていないものでデイトレードをやってしまうのですから、下手に長時間デイトレードをやっていても成功につながらないのは当然でしょう。

豪ドルと米ドルには、一応ある程度の相関関係は見られます。

ですが大まかに見ると、両者はやはり独立した通貨という点が否めません。

まず米ドルの値動きは1990年台をスタートとして考えると、1990年台の頭が一番の高値圏ですね。

そして、1995年台までは急落をします。

そして1998年台まで3年程度かけて、一旦値段を持ち直します。

その後は、何回も1ドル100円以下に下がろうとします。

ですが、リーマン・ショックまでは何回下がろうとしても下げが阻まれます。

そしてリーマン・ショックが発生すると、今度は下落トレンドが発生して低迷するようになります。

そして最近は100円に戻るか戻らないかという状況です。

ところが豪ドルは1998年までは一応大雑把には米ドル同様の値動きをします。

ところが、2001年頃に1990年台以降最安値を記録します。

そしてリーマン・ショックまでに段々と値段が上がり、リーマン・ショックをきっかけにまたもや最安値付近を記録してしまいます。

それ以降は、どうにかリバウンドなどで値を戻してきています。

このように、豪ドルと米ドルは1998年以降はそれぞれ独立した動きをしていると言ってしまっても差し支えはないと思います。

両者は関係有りそうで、意外と関係が無い値動きをしていると思います。

今後豪ドルでFXの取引をする際などは、たまに上記の話を思い出して頂ければと思います。

何かの参考になると個人的には思います。